海外ドラマ エンタメ

この夏は80年代のポップカルチャーを取り入れて ストレンジャー・シングス

今CMで話題の海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』。

 

夏にぴったりのホラーテイストのストーリーで観客を沸かせていますが、

その魅力は別のところにもあるのです。

 

それは80年代のアメリカのレトロ&ポップカルチャーをふんだんに使っているという点。

 

舞台は1980年代のアメリカ・インディアナ州のとある田舎という設定で、

画面の中は80年代アメリカを完全再現しています。

 

例えばファッション。

引用:https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BYmQ1MDU2M2QtMjA3MS00NzZmLTkwNTktYTlmMDFiZWViNDUzXkEyXkFqcGdeQXVyNjUxMjc1OTM@._V1_SX1777_CR0,0,1777,883_AL_.jpg

ポップで、ちょっぴりダサめな80年代のティーンの流行を再現。

カラフルなブルゾンがとてもおしゃれです。

引用:https://mobile.twitter.com/Stranger_Things/status/1109202885131362310/photo/1

こちらはギャップ(GAP)で買い物をした二人の少女。

黒地に黄色やピンクのポップなデザインと、オレンジや青などのカラフルなボーダーは目を引きますよね。

 

また、80年代の様々な映画もモチーフとして出てきます。

引用:https://mobile.twitter.com/Stranger_Things/status/1057633335336288256/photo/1

こちらは劇中でハロウィンのコスプレをするシーン。

なんのコスプレだかわかりますか?

そうです、1984年に公開した『ゴーストバスターズ』のコスプレをしています。

1984年のアメリカで興行成績1位を獲得した超ヒット作を取り入れています。

 

また、1985年が舞台のシーズン3では、その年の超ヒット映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も劇中で、映画を見るシーンに出てきます。

 

 

製作者側の80年代へのオマージュがふんだんに取り込まれた『ストレンジャー・シングス』。

この夏は『ストレンジャー・シングス』を観て、色褪せない80年代のポップカルチャーを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。