映画記事

【必読】『ジョーカー』のあらすじと見所紹介!ジョーカー誕生の秘密が今明かされる!

2019年10月4日(金)公開の『ジョーカー』まで、残すところあと1ヶ月になりました。

バットマン最強の悪役として名高い「ジョーカー」の誕生の秘密を描いたもので、ホラー・スリラーというよりも人間味のあるドラマ映画になっています。

今回は、「ジョーカー」のあらすじや見所、キャストまでどこよりも詳しく紹介したいと思います!

映画『ジョーカー』のあらすじ

引用:https://twitter.com/oscarnoyukue/status/1170476366136954880

コメディアンになることを夢見ながら、大道芸人として働くアーサー。

「どんなときも笑顔で、そして人々を楽しませなさい。」という母の言葉通り生きてきたアーサーは心優しく人間味があふれていた。

しかし世の中の反応は冷たかったのである。

周囲の冷たい反応や世の中の混沌とした中で彼は生きていた。

そんな時、あるTVを見る。

「誰でもコメディアンになれる日がやってきた」

司会の男がそう話すと彼の瞳は輝いた。

それまで使っていたピエロのお面を捨てて、彼は自分の顔に直接白塗りを施していく。

「時代がピエロを求めている」

人間味あふれる一人の男が何を思って、狂気に満ちた”ジョーカー”に生まれ変わったのか。

ジョーカーの本当の真実が今明らかになる。

バットマンの悪役として名高いジョーカーの誕生秘話ということで、見たいという方も相当多いと思います。

予告編がめちゃめちゃ面白そうなので是非見て見てください↓

映画『ジョーカー』見所はホアキン・フェニックスの演技

引用:https://twitter.com/realsound_m/status/1170155033314263040

今作の見所・特徴は何と言っても、シリアスな演出でしょう。

社会から疎外された男をリアルに描いているのがこの「ジョーカー」。

予告編を見てもらえればわかるように、かなりリアルに内容が描かれています。

注目は、ジョーカーを演じるホアキン・フェニックスの演技。

母親思いの人間味あふれる優しい男から、狂気溢れるジョーカーへ至るまでの心の変化を見事に演じています。

これまでジョーカーを演じてきた名俳優ジャック・ニコルソン等とはまた違う雰囲気で観客を沸かすでしょう!

アカデミー賞のノミネートも期待されています。

ホアキン・フェニックスってどんな人?

引用:https://twitter.com/dc_jp/status/1168358356349640706

プロフィール

名前:ホアキン・ラファエル・フェニックスJoaquin Rafael Phoenix)

生年月日:1974年10月28日(44歳)

出生地:プエルトリコ サンフアン

主な作品:『グラディエーター』『サイン』『ヴィレッジ』『her/世界で一つの彼女』など

貧困な家に生まれたホアキン一家は、両親は共働き・5人兄弟達も街頭に立って芸をしてお金を工面していた。

ある日兄弟の一人が、通りかかったTV関係者に見初められ芸能界入りを果たし、次々と兄弟達が芸能界に入っていく中、ホアキンだけは父親と南米を旅していたのだそう。

しかし、1982年ホアキンが8歳の時に兄の出演するテレビシリーズに出演し自身も俳優として生きていくことを決めたのである。

というような経歴になっています!

芸能一家だったんですね。初めて知りました。

「her/世界で一つの彼女」を見たときはかなり衝撃を受けたのを覚えています。

今回の「ジョーカー」もかなり期待できそうですね。

【必読】『ジョーカー』のあらすじと見所紹介!ジョーカーの誕生の秘密が今明かされる!まとめ

今回は映画「ジョーカー」についてあらすじやキャストの紹介をしてきました。

バットマン映画では決して見れない、ジョーカーの真の姿が描かれている映画でしたね!

2019年10月4日公開ですので、お忘れなく!